訪問日:2019年1月13日

確かGooglemapを眺めていた時だったと思います。

富士山の西の方にある日蓮宗の総本山である久遠寺を発見したのは。

ただ、行く機会はなかなか見つけられず。

東海道線や中央線の沿線であれば良いのですが、その2つをつなぐ身延線のちょうど真ん中あたり。

結構山奥です。

今回は富士浅間神社とセットにして、甲府から富士へ抜ける周遊コースで行ってみました。

最寄り駅は身延です。特急列車と普通列車がそれぞれ2時間に1本です。
駅からはバスが出ています。本数は1時間に1~2本ほどですが、
電車にはおおむね接続しているので、それほどの不便さはありませんが、
帰りの時刻はしっかり調べておきましょう。
なんなら電車の方が本数少ないですから。

このバス、驚くことにSuica、PASMO等の交通系ICカードが使えます。JRはダメなのに......
都市圏以外で使えるところは珍しいですね。

バスで20分ほどで終点身延山に到着。ここから少し歩きます。
DSC_1969
立派な山門。

DSC_1971
そして、鬼のように長い&高い階段。右から行くと女坂ということで
坂道を登っていくことが出来ますが、この坂も結構な急坂でしかも未舗装です。
下りで使ってみましたが、結構滑ります。

どっちもどっちやんけ!

ご安心ください。バスの終点身延山停留所から乗合タクシーがあります。
これを使えば脇道を登って本堂の近くまで行けます。

ちなみに自家用車であれば、駐車場から斜行エレベーターなるものがあり、こちらもらくちん。
ただし、駐車場は比較的満車になりやすそうです。

いずれにしても、この困難な道を登りきると無事本堂です。

DSC_1972
御朱印は本堂の隣の隣。報恩閣で頂けます。
ちなみに志納となっていますので、小銭の準備をお忘れなく
kuonji

行きはバスのまま通過してしまった総門。
身延山バス停から徒歩15分ほど、バス停もすぐそばなので、
ここまで歩いてからバスで帰るのがお勧めです。
DSC_1981