全国区ではないもののその周辺地域では割と有名なお寺。
交通の便もまあまあ。

いつもどおり本堂でお参りを済ませてから、御朱印を頂きに行きます。

本堂横に社務所らしき建物がありました。

先客がいて、なにやら応対中。
見計らって声を掛けて、御朱印がほしい旨を伝えると

「やめました」

とぶっきらぼうな返事。
そして、いそいそと奥へ去っていきました。

ドン引きです。

少しネットで調べてみると、納経した人にしか御朱印は授けていない模様。
それならそうと教えてくれよと。どこにもそんなこと書いてないし。

先客の方がお札も結構良いよとフォローしてくれましたが、正直いってお寺の印象は最悪です。
ちなみに先客とお寺の方はずいぶんと楽しそうに話していました。
お札買わない人は参拝客とみなしてないのか、そんな若造が気に入らなかったんですかね。

人間とは不憫な生き物で、こうなってしまうと見るものすべてが悪く見えます。

新しく建てている五重塔は歴史もへったくれもない、寄進の塊に見えるし、
コンクリートで変に囲われた本堂も微妙。

確かに最近、御朱印の転売や待ち時間が長いと文句を言う輩等々
御朱印を受ける側のマナーとモラルが問題となっていますので
むやみやたらと対応しない方針もわかりますが、さすがに今回の態度は残念でした。

縁がなかったということで、今後訪問するつもりはありません。

御朱印は授ける方も授かる方も気持ちよく出来るようにしたいですね。