DSC00511


訪問日:2014年5月10日

「ろくどうちんのうじ」と読みます。

京都には有名無名沢山のお寺がありますが一般的には修学旅行でも、立ち寄ることはない後者の立場でしょうか。


訪問のきっかけは森見登美彦の小説『有頂天家族』です。小説というよりはその後のアニメ化が実際ですが……

ストーリーはWikipediaをご参照いただくとして、この六道珍皇寺は主人公(下鴨矢三郎)の
お兄さん(下鴨矢二郎)の住まい(?)として登場します。

2017年4月~6月に続編がアニメ放映されています。
http://uchoten2-anime.com/

この時は建仁寺から歩いてきましたが、公共交通機関を使う場合は市バスの『清水道』から歩いてすぐです。

このバス停を通る路線、本数共に多い為、 利便性は高いです。

徒歩でも祇園、高台寺、清水寺、清水五条駅あたりから10分程度で来れます。歩き京都めぐりにはもってこいです。

DSC00512


 1期放映から、半年ほど経っていましたが、ポスターがしっかり貼ってあります。

DSC_0207


写真奥に井戸が見えています。そこが冥途通いの井戸であり、矢二郎の住まいです。残念ながら、井戸のあるお庭には入ることが出来ず、小窓から除くことしかできません。

年に 数回ある特別拝観の時にチャンスがありそうです。また御朱印も特別なものがもらえるとか。


拝観料は不要で、常駐の方もいらっしゃらない為、御朱印は呼び鈴をならして、対応を依頼しました。


rokudochinnoji

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット